住宅コロセウム「2011年の融資実行 フラット35S VS 変動金利 」についてご紹介しています。
  1. マンション
  2. 賃貸、家具、不要品譲渡、その他掲示板
  3. 住宅コロセウム
  4. 2011年の融資実行 フラット35S VS 変動金利 

広告を掲載

  • 掲示板
匿名さん [更新日時] 2011-06-26 21:58:42

保険付きと捉えて全期間固定(当初10年-1%)「フラット35S」か、
安いし、金利は大きく上がらないとして「変動」を選ぶのか。

これから融資を検討してる人中心に情報を交換しましょう。



[スレ作成日時]2011-02-17 13:48:56

スポンサードリンク

広告を掲載

2011年の融資実行 フラット35S VS 変動金利 

コメント  

  1. 26 匿名さん

    あちらの変動スレは実行済みベテラン用。
    しかも荒れてる。固定が荒らすというけど実は常連が諸悪の根源。

    こちらは新規で検討してる人だけでまったりといきましょう。

  2. 27 匿名さん

    新規で考えています。
    変動金利で組もうかと思っていますが、フラットも捨てがたい。
    ただ、フラットは団信がネックかなと思っています。4000万で11万ちょっと?の保険料は高いなと思っています。今の安心をとるかどうするか。
    繰り上げ返済が100万以上っていうのも気になります。実効日に対するカケもありますしね・・・。

    10年短期間のトータルでは変動の方が安い気がしますがいかがでしょうか?
    35年先はわかりませんが。。

  3. 28 匿名さん

    フラット35Sと変動で迷っています。
    とは言っても変動の方に少し傾いていますが。
    10~20年で返すなら変動でいいと聞きましたが、20~25年で返済予定なので
    迷っています。
    35年で組みますがギリギリではないので特にリストラとか病気になるとかなければ
    たぶん20~25年で返せそうです。(目標は20年)
    初めはフラット35Sのつもりでしたが(だから年内に購入しようと思いました)、
    不動産屋さんに変動を勧められたことと(金利優遇の最高金利になるから)、
    繰上げ返済が100万円からだったので変動に傾いてきました。
    でもまだフラット35Sにも気持ちが揺れています。

  4. 29 匿名さん

    変動金利は当分は大幅にあがることはないと思うけど。
    上がる要素が少なすぎますね。

    今では、上がりにくい要素のほうが日本に多々あります。

    結果的にはギャンブルですから、どっちがいい悪いではなく、
    それぞれの金利で、最悪を想定して、どっちなら自分にとって対応できるのか、
    考えてみたら如何でしょう。

  5. 30 匿名さん

    私は長期返済の予定なので、ミックスで行きます。
    フラットSを多めに割り当てて安心を買い、残りは変動で提携ローンの優遇金利の恩恵も受けたい。
    フラットS部分をガンガン繰り上げ返済していくと共に、変動金利の上昇に備えて貯蓄します。と同時に、外貨ものの年金保険で高利回りの運用。といった予定です。

  6. 31 匿名さん

    決める目安のひとつに、「毎月いくら返済するのか?」(又は返済できるのか?)
    があると思います。

    長期固定で借りた場合の毎月の返済額をA
    変動又は短期固定で借りた場合の返済額をB
    とすると、
    Aのほうが支払額が大きくなります。
    なので、毎月返済する(返済できる)金額をAとします。

    長期固定か変動(短期固定)かを決める場合の参考のひとつとして、
    A-B=3万円以上だと 3年間で100万円以上の差がでます。
    4万円以上だと、2年間で約100万円の差がでます。

    変動又は短期固定の場合は、Aの金額を毎月支払ったつもりで、
    差額(A-Bの額)を預金
    (支払い口座にAの金額を毎月入金していくと自然に貯まる金額)し、
    3年又は2年ごとに、繰上げ返済(元金の一部返済)に充当させます。

    こうすると、返済期間や借りる額によって様々ですが、
    おおよその目安として、3年で1%の割合で金利が上昇していっても、
    変動又は短期固定の方が、お得になることが多いようです。

    ひとつの参考として提案してみました。
    ご自分のプランで、比較してみてはいかがですか?



  7. 32 匿名さん

    No.28です。
    ありがとうございます。
    運用は疎くてあまり自信がありません。
    かなりの小心者でなかなか決められませんでした。
    No.31さんの計算で改めて検討してみます。
    後は、やっぱりギャンブル?ということで、えいや!という気持ちで決めたいと思います。

  8. 33 匿名さん

    現在はもちろんのこと過去にさかのぼってみても変動金利が固定金利を超えたことはない。
    これでいいじゃないか。

  9. 34 匿名さん

    例えば変動金利がどれぐらい上がるかどうかは別として、
    心理的な抵抗感に絞って考えると30代半ばぐらいまでの年収600~800万ぐらいの
    庶民で考えれば、

    ・年収の4倍を超えると少し抵抗がある
    ・年収の5倍を超えると結構抵抗がある
    ・年収の6倍を超えると極めて抵抗がある

    って感じだろう。

  10. 35 契約済みさん

    フラット35Sと変動のミックスプランで検討中です。
    2年後には、多少親からの援助が期待できますが、ローンを組む段階では難しいために
    「初期費用が抑えられて、フラット35Sと変動のミックス」が組める銀行を探しています。

    皆様のご意見をお聞かせください。

    なにとぞ宜しくお願いいたします。

メールアドレスを登録してスレの更新情報を受け取る

東京都のマンション

スポンサードリンク

広告を掲載
スポンサードリンク 広告を掲載

スポンサードリンク 広告を掲載

スムログTwitter

東京都の物件

所在地

東京都文京区湯島2丁目

価格

未定

面積/間取

54.50平米~100.00平米/2LDK~3LDK

所在地

東京都港区高輪一丁目

価格

未定

面積/間取

33.06平米~117.15平米/1LDK~3LDK

所在地

東京都新宿区市谷柳町23番2、他

価格

4,399.4万円予定~7,594.3万円予定

面積/間取

30.89平米~55.16平米/1LDK~3LDK

所在地

東京都港区三田2丁目

価格

1億5,200万円~1億5,900万円

面積/間取

77.25平米~87.60平米/2LDK・3LDK

所在地

東京都港区新橋4丁目

価格

未定

面積/間取

21.09平米~50.89平米/1R~2LDK

所在地

東京都練馬区田柄3丁目

価格

2,988万円~3,998万円

面積/間取

39.69平米~43.92平米/1LDK

所在地

東京都港区芝大門1丁目

価格

6,540万円~2億6,500万円

面積/間取

40.04平米~125.55平米/1LDK~3LDK

所在地

東京都新宿区市谷本村町30番3他6筆

価格

7,300万円~9,910万円

面積/間取

55.23平米~70.08平米/2LDK~3LDK

所在地

東京都江東区亀戸六丁目

価格

未定

面積/間取

29.88平米~138.44平米/1R~4LDK

所在地

東京都渋谷区上原三丁目

価格

未定

面積/間取

62.03平米~125.10平米/2LDK・3LDK

所在地

東京都港区南青山七丁目

価格

未定

面積/間取

41.52平米~120.30平米/1LDK~3LDK

所在地

東京都台東区入谷二丁目

価格

未定

面積/間取

25.45平米~70.24平米/1K~3LDK

所在地

東京都新宿区下落合一丁目

価格

未定

面積/間取

25.42平米~81.44平米/1R~3LDK

所在地

東京都練馬区練馬1丁目

価格

3,750万円~6,990万円

面積/間取

31.26平米~63.44平米/1LDK~3LDK

注目のテーマ

3,000万円以下のマンション

3,000万円以下のマンション

ゆとりある生活のためにやっぱり予算は大切。

速報!新発表物件

速報!新発表物件

いい物件選びには早めのチェックが重要。

駅から徒歩5分以内!

駅から徒歩5分以内!

毎日の通勤・通学を考えるとやっぱり駅は近いほうがいい!

タワーマンション

タワーマンション

地域のランドマークとなるタワーマンション。眺望やステータス感も満点。

大規模マンション

大規模マンション

共用庭や駐車場など充実した施設とコストパフォーマンスが魅力。

即入居可能なマンション

即入居可能なマンション

購入してすぐに入居できる物件を集めました。実物を見て決めることもできます。

お役立ち情報

不動産売却一括査定

あなたがお住まいの物件を無料で一括査定依頼してみよう!

Yahoo!不動産 おうちマガジン

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!
(ほぼ毎日更新)

 

住宅コラム

//www.e-kodate.com/column/column7_top/

家を買って損をしたくない人のための「資産となる住宅購入術」
松本 智治(不動産鑑定評価システム代表)

//www.e-kodate.com/column/column2_top/

住宅を購入する前に知っておくべき「お金の基礎知識」
松井 大輔(ファイナンシャルプランナー)