住宅ローン・保険板「ワイド団信 と 生命保険慮1.9倍のフラット35s」についてご紹介しています。
  1. マンション
  2. 住宅・マンション一般知識板
  3. 住宅ローン・保険板
  4. ワイド団信 と 生命保険慮1.9倍のフラット35s

広告を掲載

ご近所物件

東京都中央区晴海五丁目

価格未定

東京都港区白金一丁目

価格未定

東京都江東区豊洲5丁目

価格未定

東京都葛飾区新宿六丁目

価格未定

東京都文京区小石川1丁目

6,400万円台予定~2億8,500万円台予定

東京都渋谷区宇田川町28番49他(地番)

9,600万円・1億2,540万円

東京都江東区東雲一丁目

6,077万円~7,897万円

東京都渋谷区神宮前2丁目

価格未定

東京都大田区矢口3丁目

4,500万円台予定~8,500万円台予定

東京都中央区晴海三丁目

5,618.6万円~1億49万円

東京都板橋区坂下二丁目

3,900万円台予定~7,200万円台予定

東京都江戸川区西葛西8丁目

価格未定

東京都板橋区加賀一丁目

5,872.9万円~7,503.7万円

東京都北区豊島4丁目

3,400万円台予定~5,900万円台予定

東京都江戸川区清新町2丁目

4,958万円~7,498万円

東京都足立区千住1丁目

3,450.7万円~8,274.9万円

東京都港区南麻布1丁目

1億2,777万円

東京都江東区北砂5丁目

3,798万円~4,761.2万円

東京都新宿区戸山3丁目

1億2,396.3万円・1億7,163.8万円

東京都港区南青山七丁目

価格未定

新着!販売前の物件

東京都港区白金一丁目

価格未定

  • 掲示板
匿名さん [更新日時] 2017-01-16 12:39:02

いつも拝見させて勉強させていただいております。
この度、住宅を購入する上で相談させていただければと思い書き込みさせていただきました。


{家族構成} 主30男 妻30 子供二人 6歳4歳
{年収}   主 父親の経営する中小企業役員 360万 妻 同会社正社員 150万 ボーナスなし 
{購入物件} 注文住宅 2300万
{自己資金} 500万 うち頭金にあてる予定金額300万 両親からの融資200万
{土地}   祖母より贈与 最初は借りる予定

自分が過去1年前までうつ病関係の薬を飲んでおりましたが、現在は不眠症の薬だけにし、医者より完治証明いただいております。
その為、通常の団信が通らず、各引き受け会社の複数のワイド団信の申し込みをしたところ、
みずほ銀行より、変動0.975%+ワイド団信料金0.3%=変動1.275%で2290万まで借入できるとお返事いただきました。(他は皆NG)

まさかワイド団信が通ると思っておらず、フラット35sに該当する住宅基準で設計していただいて楽天フラット35sで借入する予定でした。
そこで、ほけんの窓口さんに事情を説明し、告知書を記入したところ、通常の1.9倍の保険料なら加入できる生命保険も見つけていただきました。

4500万の掛け捨て 3,735円×1.9=7096円

長々と説明してしまい申し訳ございませんが、1800万円借入する時、

みずほ銀行 変動金利1.275%でワイド団信付き (別途 生命保険加入予定)
楽天銀行  フラット35s 固定金利最初(10年)0.82% 以後1.12%(別途 生命保険+住宅ローン返済分の生命保険料)

どちらに加入すべきでしょうか?
皆様のご意見、参考にさせていただければ幸いです。
よろしくお願い致します。


 

[スレ作成日時]2017-01-12 16:34:41

スポンサードリンク

広告を掲載

ワイド団信 と 生命保険慮1.9倍のフラット35s

コメント  

  1. 1 匿名さん

    両方の本審査は通ったとゆうことですか?
    返済総額はどれだけ違うのでしょうか?

  2. 2 匿名さん

    レスありがとうございます。
    みずほワイド団信の場合、変動なので金利の推移が素人で読めませんが、仮に10年が1.275、
    借入期間35年 毎月のご返済額53,150円 年間のご返済額637,800円 総返済額22,323,000円



    20年目から2.275%だとすると21年~35年目

    2.275%
    お借入期間20年~35年 毎月のご返済額57,116円 年間のご返済額685,392円 総返済額23,036,880円

    楽天フラット35sAプラン

    総返済額

    総返済額 21,255,857円 内利息支払額 3,255,857円


    当初
    借入金利
    返済プラン
    金利予想 0.82%
    毎月の返済額 49,315円
    ボーナス月追加ご返済額 ―
    借入金利適用期間終了時の残高 13,372,590円
    この期間の返済額 5,917,800円
    内利息支払額 1,290,390円

    11年後からの
    返済プラン
    金利予想 1.12%
    毎月の返済額 51,127円
    ボーナス月追加ご返済額 ―
    借入金利適用期間終了時の残高 ―
    この期間の返済額 15,338,057円
    内利息支払額 1,965,467円

    これに別途住宅に関する生命保険料の1.9倍、毎月7000円なので
    7,000円×12=84,000円 ×35年=2,940,000円 加算

    総返済額 21,255,857円+2,940,000円=24,195,857円 固定35年になると思います。

  3. 3 匿名さん

    >>1さん
    すみません抜けていました。
    みずほ銀行は本審査通りまして、楽天住宅ローンは仮審査までで止まっております。

  4. 4 匿名さん

    団信代わりの生命保険についてですが、加入出来る条件はよく知りませんが数年後に他社も含めて普通の保険料で入り直せる可能性もあるのでしたら、フラットのほうが安心して返済計画も立てやすいのではないのでしょうか?
    変動のほうは貯蓄があって金利上昇時にあらかた返済できそうであれば迷わず変動だと思うのですが、そうでなければ未来の予測になりますので、ご自身でご判断された方が良いと思います。

  5. 5 匿名さん

    楽天フラットは本審査に2ヶ月掛かりました。
    優良住宅ローンのフラットなら1ヶ月弱で手数料も若干安かったはずです。

  6. 6 匿名さん

    諸費用も合わせて比較した方がいいのでは?

  7. 7 匿名さん

    >>4
    団信代わりの生命保険の加入出来る条件は、加入料の月額が1.9倍です。健康診断や医師の診断書は提出済みです。

    数年後普通の保険料で入り直せる可能性はありますので(約五年後以降)フラットも検討していきたいと思います。
    五年ごとに100万ずつの繰り上げ返済を考えておりましたが、すべて同時にシミュレートしていきたいと思います。
    アドバイスありがとうございます。

  8. 8 匿名さん

    >>5
    そんなにかかるんですね…。
    見積もりが甘かったです。さっそく審査を進めていきたいと思います。
    ありがとうございます。

  9. 9 匿名さん

    >>6

    みずほ銀行

    抵当権設定関係費用
    58,430円
    保証会社事務手数料
    32,400円
    保証会社保証料
    471,991円
    印紙税 
    20,000円

    合計 582,821円



    楽天銀行

    融資事務手数料
    247,320円

    登記関連費用

    司法書士報酬
    100,000円

    登録免許税
    22,900円

    収入印紙代
    20,000円


    合計  390,220円

    かと思われます。

メールアドレスを登録してスレの更新情報を受け取る

スポンサードリンク

広告を掲載
スポンサードリンク 広告を掲載

スポンサードリンク 広告を掲載

最新のスムログ記事

Powered by feedwind

スムログTwitter

注目のテーマ

3,000万円以下のマンション

3,000万円以下のマンション

ゆとりある生活のためにやっぱり予算は大切。

速報!新発表物件

速報!新発表物件

いい物件選びには早めのチェックが重要。

駅から徒歩5分以内!

駅から徒歩5分以内!

毎日の通勤・通学を考えるとやっぱり駅は近いほうがいい!

タワーマンション

タワーマンション

地域のランドマークとなるタワーマンション。眺望やステータス感も満点。

大規模マンション

大規模マンション

共用庭や駐車場など充実した施設とコストパフォーマンスが魅力。

即入居可能なマンション

即入居可能なマンション

購入してすぐに入居できる物件を集めました。実物を見て決めることもできます。

お役立ち情報

不動産売却一括査定

あなたがお住まいの物件を無料で一括査定依頼してみよう!

Yahoo!不動産 おうちマガジン

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!
(ほぼ毎日更新)

 

住宅コラム

//www.e-kodate.com/column/column8_top/

知らないと損をする断熱住宅やゼロエネルギー住宅のウソ・ホント
太田 周彰((株)住宅みちしるべ代表取締役)

//www.e-kodate.com/column/column7_top/

家を買って損をしたくない人のための「資産となる住宅購入術」
松本 智治(不動産鑑定評価システム代表)