マンションWOM!口コミランキング

品川区のマンション 口コミランキング



品川区は人口約40万人を誇る区で、都会の雰囲気と下町の雰囲気が交じり合う珍しい街です。各地で再開発がされ、新しい街へと生まれ変わっている品川区は、商業施設が充実し鉄道路線も整備されているので、暮らしやすい環境が整ったエリアです。そんな品川区には、どんどん新しいタワーマンションが建てられています。今回は利便性や設備グレード、住環境などの観点から品川区にあるタワーマンションをランキング形式で紹介します。

第1位:シティタワー大井町第1位


総戸数635戸、29階建てのマンションシティタワー大井町。売主は住友不動産株式会社、施工会社は西松建設株式会社です。「大井町駅」「下神明駅」「西大井駅」の3つの駅が身近にあり、全て徒歩圏内なのでアクセス性は抜群。大井町駅からは、山手線の主要駅である品川駅まで1駅3分でアクセスできます。このアクセス性の良い立地のおかげで、利便性の高いマンションとなっています。

マンションの周辺には、様々な商業施設が充実しています。イトーヨーカドーやアトレなど、大型のデパートやスーパーも徒歩圏内にあるので普段の買い物にも困りません。他にも個人が経営するような小さな飲食店もあり、幅広い世代が住みやすい環境が整っています。マンションから徒歩4分の場所には、阪急大井町ガーデンがあります。阪急大井町ガーデン内にはレストランやカフェ、混浴施設、テニス・ゴルフスクールなどがあり、買い物や休日をゆっくり過ごすスポットとして最適です。

マンションの各階の共用廊下部分には、ゴミ置き場が設置されています。わざわざ1階まで降りなくてもゴミを捨てられるので非常に楽です。24時間有人管理で、コンシェルジュサービスまで利用できるのも魅力。何かあった時にすぐ対応してもらえるので、安心して生活できます。高層階にはスカイラウンジ、屋上にはデッキとタワーマンションならではの贅沢な造りになっています。

第2位:パークシティ武蔵小山 ザ タワー第2位


パークシティ武蔵小山 ザ タワーは、総事業費400億円をかけて造られた、総戸数615戸の高級タワーマンションです。武蔵小山駅まで徒歩1分というアクセス性の良さから利便性も抜群。目黒駅へも2駅3分でアクセス可能、様々なエリアへ移動しやすい便利な立地です。また、武蔵小山駅周辺は開発が進むエリアで、活気に満ち溢れています。様々なジャンルのお店が集まっているので、買い物にも非常に便利です。平和通り商店街やパルム商店街などもあり、個性豊かなお店も揃っています。美味しいグルメのお店が多いというのも、このエリアの魅力でしょう。食事から買い物まで身近で済ませられる、周辺環境にも恵まれたマンションです。

武蔵小山駅周辺の開発事業が始まったのは、2017年のころです。にぎわいと都市居住が共存する街づくりを目標に開発がスタートし、駅前に大広場ができたり、マンションが建てられたりとどんどん住みやすい環境が整い、住環境や利便性のレベルが高いエリアになりました。パークシティ武蔵小山 ザ タワーはそんなエリアに建てられたマンションで、設備グレードも問題ありません。特にキッチン周りの設備が充実しています。カップボードは標準装備で、全戸トランクルーム付き。食器洗い乾燥機やディスポーザーもつけられ、家事の手間を省いてくれます。パントリーなどの収納スペースが複数用意され、食材から食器、調理器具まで余裕を持って収納できます。パークシティ武蔵小山 ザ タワーは、周辺環境にも、マンション設備にも恵まれたマンションと言えるでしょう。

第3位:プライムパークス品川シーサイドザ・タワー第3位


品川シーサイド駅直結の免震タワーマンション、プライムパークス品川シーサイドザ・タワー。駅まで徒歩3分という利便性の高さが、このマンションの魅力の1つです。最寄り駅である品川シーサイド駅からはりんかい線に乗り入れでき、恵比寿や新宿、渋谷まで直通でアクセス可能。ヴィーナスフォートやダイバーシティ東京プラザなど大規模商業施設があるお台場までも、5分という利便性の高さです。さらにマンションの目の前にあるバス停からは品川駅へ、品川シーサイド駅から出ているバスを利用すれば羽田空港へも簡単にアクセスできます。これだけ様々なエリアへアクセスしやすい立地条件のマンションはなかなかありません。

品川シーサイド駅には、オーバルガーデンという複合商業施設が併設されています。他にもドラッグストアやレンタルショップ、イオンなど普段の買い物に欠かせない施設も揃っています。身近にこれだけ商業施設が充実していれば、普段の買い物に困ることはないでしょう。マンションの設備を見てみると、ゲストルームやカフェラウンジ、ライブラリーなどの共用施設、各階には24時間利用できるゴミ置き場が完備されているなどタワーマンションに必要な設備が整っています。屋上にあるスカイパークからは、富士山を眺めることもできます。利便性や住環境、設備グレードどれを見ても高水準なマンションと言えるでしょう。

第4位:シティタワー武蔵小山


シティタワー武蔵小山は、品川区にある新築免震タワーマンションです。売主は住友不動産、施工会社は五洋建設と高いブランド力を持っています。マンションから最寄り駅の武蔵小山駅までは徒歩1分、駅周辺は再開発が進んでいるので利便性はかなり高いです。武蔵小山駅からは東急目黒線が利用でき、目黒駅へも3分程度。山手線への乗り換えもスムーズにできるので、アクセス性も悪くありません。

武蔵小山商店街パルムなどの、生活利便施設が充実しているのも魅力です。武蔵小山商店街パルムは全長800mのアーケードが特徴の、武蔵小山で人気の商店街。新しいお店から老舗のお店まで、様々なジャンルのお店が揃っています。全天候型アーケードがあるので、雨の日でも楽しく買い物ができます。流氷祭りやサンバカーニバル、納涼祭りなど様々なイベントが開催される場所でもあります。こういった便利で楽しいスポットが身近にあるのも、シティタワー武蔵小山の魅力の1つでしょう。

全506邸、41階建免震タワーマンションのシティタワー武蔵小山は、ホテルライクな共用施設が特徴のマンションです。グランドエントランスホールは2層吹き抜けで開放的、内廊下も高級感漂う造りでラグジュアリーな共用空間になっています。コンシェルジュサービスもあり、まるでホテル暮らしをしているような感覚が味わえます。アクセス性の良い立地で、高級感ある暮らしがしたいという方には最適なマンションです。

第5位:品川イーストシティタワー


東京都品川区にある品川イーストシティタワーは、総戸数363邸、26階建ての大規模免震タワーマンションです。このマンションの魅力の1つがアクセス性の良さでしょう。天王洲アイル駅まで徒歩5分、様々なエリアへアクセスしやすい立地条件です。浜松町駅までは1駅5分、品川駅までは7分、東京駅までは9分でアクセス可能。羽田空港国際線ビル駅までは直通で10分なので、都内だけでなく遠出する時にも便利な環境です。

天王州エリアは、品川区が誇るウォーターフロントの街としても知られています。このウォーターフロントの特性を活かして、全ての部屋にバルコニーが設置されているのもこのマンションの特徴の1つ。美しい景色を各部屋から眺めることができます。コンシェルジュサービスに24時間有人管理と、利便性が高いだけでなく安全性にまで配慮されたサービスも魅力です。ホテルライクなホスピタリティもポイントで、各階のクリーンステーションやスカイラウンジ、ゲストルームなどの共用施設が充実しています。隣接された物件内には、プライベート・フィットネスルーム、パーティールーム、プライベートデッキなどがあり毎日の暮らしを充実させてくれます。ウォーターフロントの街ならではの雰囲気を味わいながら、ゆったりとした生活が送れるマンションです。

第6位:クレヴィアタワー大井町 THE RESIDENCE


クレヴィアタワー大井町 THE RESIDENCEは、大井町駅まで徒歩5分というアクセス性の良い立地のマンションです。3路線が利用でき、東京駅へ直通12分、新宿駅へ直通15分でアクセス可能。都心へのアクセス性に優れたマンションなので、通勤などで普段から電車を使う人も困りません。地上21階建ての免震タワーレジデンスのクレヴィアタワー大井町 THE RESIDENCEは、設備グレードの高さも魅力です。外観は町並みに合わせた格調高いデザインで、内廊下なども落ち着いた上品な雰囲気で統一されています。間口が広く窓の大きなプランニングがされているので、通風性や採光性にも優れています。

中心となる間取りは3LDKで、全ての部屋が天井高最大約2.6mと開放的な造りです。リビングダイニングはアウトフレーム設計になっており、柱が邪魔にならずすっきりとした室内になっています。家具のレイアウトがしやすい居住性の高さも魅力でしょう。共用廊下には居室の窓がなく、プライバシー面でも安心できます。キッチンや洗面化粧台などは、見た目の美しさだけでなく機能性も重視されています。フィオレストーン天板を用いることで室内の上質感を高め、収納や動線、設備機能に配慮したモット・キッチンを導入。快適な生活を実現してくれる、設備グレードの高さが魅力のマンションです。

第7位:シティタワー品川パークフロント


シティタワー品川パークフロント大手不動産ディベロッパーの住友不動産が売主、施工会社が五洋建設株式会社というブランド力のあるシティタワーマンションです。このマンションの一番の注目ポイントは立地条件の良さでしょう。大森海岸駅までは徒歩5分、大森駅までは徒歩10分。京浜急行本線とJR京浜東北線の2路線を利用できます。それぞれ別の場所にアプローチできるので、色々なエリアへアクセスしやすく便利です。駅周辺には商業施設だけでなく、医療施設も揃っているので普段の生活で不便を感じることは少ないでしょう。

都心に近いマンションでありながら、自然が多いエリアでもあります。品川区民公園が隣接し、身近に自然を感じることがでけいます。品川区最大規模の広さを誇る公園で、園内には人工湖や遊戯施設、野球場やキャンプ場などを完備。しながわ水族館もあり、休日になると家族連れで賑わいます。自然が多く子供を遊ばせる場所にも困らないということで、子育てしやすい環境にも恵まれた、小さなお子さんがいるファミリーにもぴったりなマンションと言えるでしょう。

第8位:シティハウス品川サウス


シティハウス品川サウスの一番の注目ポイントは、品川駅が徒歩圏内ということでしょう。JR品川駅周辺は、大規模開発が進むエリアです。新駅の設置や商業施設や病院などの設置が進められ、住みやすい環境がどんどん整っています。他にも新馬場駅や天王洲アイル駅も徒歩圏内とアクセス性は抜群。色々な路線が利用できる、アクセス性の良い立地のマンションを探している人には最高の環境と言えるでしょう。

品川はグルメやエンターテイメント、ショッピングなど様々なジャンルで注目を集める街です。そんな品川の一角にあるマンションシティハウス品川サウスは、利便性の高い環境に恵まれています。またリゾートのような雰囲気の天王洲アイル、下町情緒漂う旧品川宿など身近に様々なロケーションがあり、色々な雰囲気を身近で感じられるのも魅力です。このマンションに住めば、快適なアーバンリゾートライフが始められるでしょう。

まとめ:品川区には魅力的なタワーマンションが多い!

品川区は色々な場所で再開発が進められていることもあり、新築のタワーマンションがどんどん増えています。今回紹介したマンションは魅力的なものばかりですが、それぞれ周辺環境や設備など特色があります。共有施設が充実している、駅が近くアクセス性に優れた立地条件、自然が多く子育てしやすい周辺環境など千差万別。マンションを購入する時は、それぞれの特長をしっかりと把握して、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。



カレンダー
2019年9月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
最近の記事