スムログ(マンションブログ)

マンションアナリスト。11年間で5,000枚のマンション・チラシを“読破”したマンション・チラシ研究家。一級建築士。

不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」
twitter.com/1manken

すべての記事を見る

マン点流!(回答)微振動の原因



深夜時間帯の微振動によって体の痺れや偏頭痛に苦しんでいるというyoshizoさんからのご質問。

微振動源を特定する方法を整理してみた。

【もくじ】
yoshizoさんからの質問
STEP1:微振動源として考えられる可能性
STEP2:微振動源を特定する
STEP3:低周波音を測定してみる
あわせて読みたい(マン点流!回答)


 

yoshizoさんからの質問

深夜時間帯の微振動によって体の痺れや偏頭痛に苦しんでいるというyoshizoさんからのご質問。

今、マンション一階の角部屋に住んでいます。低層マンションで6階建てです。
最近、深夜時間帯の微振動に苦しんでいます。

隣、上階、隣接住宅から?! 自室部屋の部屋全体に微振動がある時があります。洗濯機、マッサージ器、エネファームのような機器?
角部屋では、壁から微振動があり床にも伝わってきます。

寝室に硬質マットを引いて寝ていますが、マット全体がマッサージ器のバイブレーションのようになります。23時から朝6時ぐらいまで!

体の痺れ、偏頭痛で苦しんでます。

みなさん何か情報あれば教えてください。

STEP1:微振動源として考えられる可能性

マンション内で発生する微振動源として考えられる可能性としては、エレベータ、換気扇、エアコンユニット、熱源機、給湯器、変圧器など。

マンション外で発生する微振動源として考えられる可能性としては、隣接マンションや戸建ての微振動源(上述)のほか、工場で稼働している振動機器類など。

yoshizoさんのメールでは、微振動に苦しんでいるのは「深夜時間帯」である旨が記されている。微振動が発生しているのがホントに深夜時間帯に限られるのであれば、エレベータやエアコンユニットなどは微振動源として除外できる。

でも、日中も発生している微振動源が深夜時間帯に顕在化している可能性も考えられる。そこで、微振動は深夜時間帯に限らず発生している可能性を念頭に、以下検討を進める。

STEP2:微振動源を特定する

まずは微振動の発生原因を特定する必要がある。

そもそも微振動の被害はyoshizoさんだけなのか? あるいはyoshizoさんのお隣さんや上階(2階)の住人にも同様の被害があるのか確認する必要がある。

もし、上階(2階)住人に被害意識がなければ、エレベータ、換気扇、エアコンユニット、熱源機、給湯器などは、対象から外してもいいのではないか。 

次に、yoshizoさんと同じフロア(1階)の住人のうち、被害意識がある住戸の配置はどうか? 

yoshizoさんだけ、あるいはyoshizoさん住戸近くに被害住戸が集中しているようであれば、機械室(ポンプ類)や電気室(変圧器)との位置関係から振動源を特定できないか?

 

yoshizoさんのマンション内に振動源が見当たらない場合には、yoshizoさんのマンションの半径100メートルくらいに、振動源となりそうな工場はないか? (十分な騒音対策が施されていない振動機器類が発する低周波振動は数十メートル先まで影響を及ぼす場合がある)

STEP3:低周波音を測定してみる

以上により微振動源を確定できた場合には、管理組合を通じて改善を申し出る。確定に至らない場合には、低周波音を測定してみる。

低周波が測定できる騒音計をレンタルして測る前に(1週間で数万円と高い)、低周波音を検出するためのiOSアプリ(Low Frequency Detector)1,080円で略チェックしてみる手がある(筆者は使ったことはないので、確定的なことは言えないが)。

それでも原因がよく分からないときには、専門業者に調査依頼するしかないかもしれない。

あわせて読みたい(マン点流!回答)


スポンサードリンク


コメントを書く

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
コメントは承認制となっており、許可されたコメントが表示されます。



スムログメンバーへの質問やお便り 詳しくはこちら
スポンサードリンク
最近の記事(マン点)
同じカテゴリのオススメ記事