住宅ローンの注意点は?後悔しないための選び方と注意点を徹底解説

一般的に住宅を購入する場合は、住宅ローンを組むことになります。住宅ローンは大きな金額を長期間にわたって返済するため、人生にも大きな影響があります。

これから住宅ローンを組むけど、どのように組めばよいのか、どの住宅ローンがよいのかわからないという方も多いかもしれません。そこでこの記事では、住宅ローンの種類など知っておくべき基礎知識から、注意点まで詳しく解説します。

また、借り換えについても概要と注意点を解説していきます。住宅ローンを組んだ後に後悔しないために、これから住宅を購入する予定がある方はぜひ参考にしてみてください。

この記事からわかること
  • 住宅ローンには固定金利型、変動金利型、固定金利期間選択型の3種類がある
  • 仮審査が通っても必ず本審査が通るわけではない
  • 住宅ローンの借り換えにも審査がある

1. 住宅ローンの種類

住宅ローンの種類

住宅ローンには固定金利型と変動金利型、固定金利期間選択型の3種類があります。それぞれ異なる特徴があるため、それを知ったうえで自分に最適な住宅ローンを選ぶことが重要です。

ここでは固定金利型と変動金利型、そして固定金利期間選択型の概要と特徴を紹介します。この機会に、住宅ローンにはどのような金利の種類があるのか、それぞれどのような特徴を持っているのかを知っておきましょう。

1-1. 固定金利型

固定金利型の住宅ローンは支払い開始から完済まで金利が変わらないため、市場金利が変化しても影響を受けないのが特徴です。家計の管理や返済計画がたてやすいというメリットがあります。

ただし市場金利が下がっても、金融機関が設定した金利で払い続けるため、月々の返済額が減少することはありません。固定金利型の住宅ローンを組んだものの、その後に市場金利が大幅に下降した場合は、変動金利型の住宅ローンへの借り換えを検討する余地があるかもしれません。

他の金利型と比較
一般的に固定金利型の住宅ローンは、他の金利型と比べて金利が高く設定されている傾向があります。固定金利型を検討する際は、その点も頭に入れておきましょう。

1-2. 変動金利型

変動金利型は、市場金利の変化に伴い金利が変動します。そのため、市場金利が上昇すると返済額は増え、市場金利が下降すると返済額も減るのが大きな特徴です。限度を超えた大幅な増減を防ぐため、変動に対する上限額が設定されていることもあります。

また、多くの変動金利型の住宅ローンは年に2回、金利見直しがされますが、急な負担増を防ぐために5年間は金利が変動しない「5年ルール」を設けているところもあります。変動金利型の住宅ローンを組む場合は、上限額設定の有無や金利見直しの期間なども必ず確認しましょう。

市場金利の影響を大きく受けるため、住宅ローンを組んだ後の市場の動向についてしっかり予測する必要があります。万一、予測を見誤ったうえで変動金利型の住宅ローンを組んでしまった場合、月々の返済額が当初の想定より大幅に上がってしまう可能性がある点には注意が必要です。

1-3. 固定金利期間選択型

固定金利期間選択型の住宅ローンは、最初に決めた一定期間は固定金利となり、その期間終了後は変動金利となる金利方式です。ほとんどの場合、最初の固定金利期間は2年や3年、10年など選択可能になっています。

期間終了後は変動金利と固定金利、どちらにするか選べるローン商品もあります。固定金利の期間が終了したタイミングで市場の動向をチェックして、金利が下がっているようであれば変動金利を選択して返済額を減少させることが可能です。

固定金利期間中は一定の返済額で生活の計画をたてやすく、その後は市場金利の動向次第で変動金利に変更できるというメリットがあります。

2. 自分に最適な住宅ローンの選び方

自分に最適な住宅ローンの選び方

住宅ローンにはさまざまな種類があり、そのなかから自分に最適なものを選ぶ必要があります。自分に最適な住宅ローンを選ぶためには、金融機関の選び方と金利の種類を知っておくことが重要です。ここで解説する内容を参考にして、最適な住宅ローンを選べるようになりましょう。

2-1. 自分に最適な金融機関の選び方

住宅ローンを組む際、不動産会社に勧められた金融機関を利用するケースが多く見られます。しかし、必ずしも不動産会社が最適な金融機関を選んでくれるとは限りません。不動産会社の事情で、自社と提携している金融機関を勧めているだけの場合もあります。

金融機関によって金利や返済期間、ボーナス払いの有無なども異なるため、それらを比較検討したうえで自分に合った金融機関を選ぶことが大切です。

また、金利だけではなく、対応の丁寧さ、説明のわかりやすさも重要です。

各自の情報収集が大事
不動産会社に勧められた金融機関で住宅ローンを組んで、後悔しているというケースも決して少なくありません。不動産会社任せにせず、自分でも情報収集や学習をして判断することが大切です。

2-2. 自分に最適な金利の種類とは?

同じ金融機関でも、異なった金利種類のローン商品を用意していることが多いです。そのなかから、自分に合ったローン商品を選ぶことが大切です。どの金利が最適なのかはその人の状況や今後のライフプランなどによって異なります。

現在共働きで今後、出産などで奥さんが仕事を辞める予定がある場合は収入が減る可能性があります。そのような場合は数年後に返済額が増えていくのは避けたいため、変動金利型は慎重に検討したいところです。また、定年退職まであと20年くらいという場合は、その期間にできる限り多めに住宅ローンを支払っておきたいため、固定金利期間選択型で固定期間中に多めに返済するという選択肢もあります

現在の状況や今後のライフプランを考慮したうえで、自分に適した金利の種類を選ぶようにしましょう。

口コミ評価が高いおすすめの住宅ローンを知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

3. 住宅ローンで後悔しないために知っておきたい注意点

住宅ローンで後悔しないために知っておきたい注意点

住宅ローンは大きな金額を長期にわたって支払うことになるため、無理のない返済計画をたてないと、その後の家計は苦しくなっていきます。ここからは、住宅ローンで後悔しないために事前に知っておきたい注意点を紹介します。

3-1. 審査に不利となる要素はなるべく無くしておく

住宅ローンの審査では、個人信用情報の記録が参照されます。過去の支払い滞納の記録が残っている場合は消せませんが、今後審査に不利となりそうな要素は無くすように対処しましょう。

もし、分割払い中のものがある場合はできる限り返済して支払いを終わらせましょう。また、現在使用していないクレジットカードがある場合は解約することをおすすめします。なぜならば、無闇に多くのクレジットカードを所有していることも、審査に不利な要素となってしまうことがあるからです。

3-2. 住宅ローンを組むために必要な費用がある

住宅ローンは月々の返済額に目がいきがちですが、融資手数料やローン保証料などの諸費用も必要なことに注意しましょう。住宅ローンで返済以外にかかる諸費用とおおよその目安を表にまとめました。

費用項目おおよその目安
融資手数料3~5万円
斡旋手数料3~数十万円
ローン保証料返済期間と融資額によって異なる
地震保険科保険金額1,000万円に対して1~3万円
火災保険料15~40万円
団体信用生命保険料10~12万円
表に記載した金額はおおよその目安です。融資額や返済期間、利用する金融機関で大きく異なる場合もあります。また、ここに記載していない費用が発生することも考えられます。費用についての詳細は住宅ローンを組む際に必ず確認しましょう。

3-3. ライフプランも考慮して無理のない返済額にする

住宅ローンの支払いは長期にわたります。そのため、今後の人生で必要となる出費も考慮したうえで、無理なく支払える返済額を設定することが大切です。現時点では負担とならない金額でも、将来的には大きな負担となってしまうこともあります。

たとえば結婚や出産費用、子供の教育費など、年齢とともに発生する費用があります。住宅購入後は、固定資産税や修繕費なども必要です。部屋数の多い住宅や特別な設備が備わっている住宅に住む場合は、光熱費などのランニングコストが大幅にアップする可能性もあります。

今後必要となる出費やおおよそのランニングコストは事前に認識しておきましょう。そのうえで、今後のライフプランも考慮して、無理がないように月々の支払い額や期間を決めましょう。

3-4. 事前審査が通っても油断しない

事前審査が通ったら本審査も必ず通るというわけではないことに注意しましょう。本審査はより詳細な情報をもとに実施されます。そのため、事前審査が通っても本審査が通らない可能性はゼロではありません。

事前審査が通ったからといって、油断しないようにしましょう。事前審査後にクレジットカードなどの支払いを遅らせてしまったり、大きな買い物でローンを組んだりしてしまうと、本審査にマイナスの影響を与えてしまう可能性があります。本審査の前に、審査にマイナスとなりそうな要因を増やさないのはもちろんですが、引越しの手続きなども本審査が通ってから行うのが確実です。

4. 住宅ローン借り換えを検討する判断基準

住宅ローン借り換えを検討する判断基準

住宅ローンを返済中の方は、他社の住宅ローンへ借り換えることによって、返済でかかる負担を軽減できる場合があります。ただし、残高や金利によっては逆に苦しくなってしまうこともあるため、正確に状況判断することが大切です。

ここでは住宅ローンを借り換えるべきか、このまま現在の住宅ローンで返済し続けるべきか判断する基準を紹介します。間違いのない判断ができるように、ここで紹介する基準はぜひ覚えておきましょう。

4-1. 残りの年数と残高

借り換えを検討する際は、まず残り年数と残高をチェックしましょう。ひとつの判断基準として「残高が1,000万円以上」「残りの年数が10年以上」といわれています。

基本的に残高や残りの年数がこれ以下の場合は、借り換えをしてもさほど総支払い額は変わらないのでメリットを得られる可能性は低いと考えられます。借り換えには費用もかかるため、その点にも注意が必要です。

4-2. 金利の差

変動金利型の住宅ローンを組んでいる場合は、市場金利の動向次第で返済額が減少する可能性があります。それも踏まえて、借り換えすべきかを検討しなければなりません。借り換え前後で1%の金利差があれば、総支払額の減額が見込めます。

5. 住宅ローンの借り換え時の注意点

住宅ローンの借り換え時の注意点

ここからは住宅ローンの借り換えに関わる注意点を解説します。住宅ローンの借り換えで失敗しないために、ここで解説する注意点はチェックしておきましょう。

5-1. 借り換えにも費用がかかる

住宅ローンの借り換えをするだけでかかる費用があることに注意しましょう。多くの場合、借り換えをするためには事務手数料や保証料が必要です。金融機関によって異なりますが、借り換えだけで数十万円の手数料がかかることもあるため、事前に計算に入れておきましょう。

住宅ローンの借り換え先は、なるべく事務取扱手数料の負担が少なくて保証料なし、もしくは保証料が定額の金融機関を選びたいところです。これらの費用があることも考慮したうえで、本当に借り換えしたほうがよいのか検討しましょう。

5-2. 必ず審査が通るわけではない

借り換えする際にも審査があります。現在の住宅ローンで支払いが滞ったことがある場合、借り換えの審査は厳しくなるため注意しましょう。その他、クレジットカードの支払いや携帯電話の利用料など、支払いを遅らせないことは重要です。

支払いを遅延した経歴がなくても、年収が下がっていたり、転職して職業が変わっていたりする場合は以前より審査が通りにくくなる場合があります。

個人事業主になる場合は注意
一例として、会社員から個人事業主に変わった場合は、仮に年収が上がっていても審査は通りにくくなる傾向があります。

6. まとめ

住宅ローンを選ぶ際には、金融機関の選び方と金利型の種類が重要です。不動産会社にいわれた通りにするのではなく、自分でも知識を持ったうえで適切な判断をするのが望ましいです。自分の収入や今後のライフプランを見据えたうえで、住宅ローンを検討してください。

住宅ローンを組んだ後、場合によっては借り換えも検討するとよいでしょう。うまく借り換えできれば負担を減らせます。後悔しないように、自分にぴったりな住宅ローンを組みましょう。

※この記事は2021年8月6日に調査・ライティングをした記事です。
※本記事の価格はすべて税込で表記しております。

TOPへ