スムログ(マンションブログ)

モモレジ

「マンションの間取りや価格を言いたい放題!」管理人。利害関係のない第三者的な視点から間取りや価格等について毎日記事を更新し、扱った部屋数は5年弱で4,000室超。 不動産業界の人間ではないものの、自己居住用及び投資用としてのマンション購入件数は10室を超えるプチ投資家という顔を持ち、猫とマンションをこよなく愛する人。

「マンションの間取りや価格を言いたい放題!」

すべての記事を見る

【目黒川界隈】モモレジの名作マンション訪問【2017Vol.5】

モモレジの名作マンション訪問2017Vol.5です。
そろそろ「ちょっと得するマンション選び」をとも思ったのですが、時期的にこちらの方がいいかなと・・・。

今回は前回予告した通り、桜で有名なあの場所へ…。
そうです、今回は目黒川界隈となります。

目黒川と言うと五反田駅周辺~中目黒駅周辺までのエリアを思い浮かべる方が多いのではないかと思いますが、少し範囲を広げて今回は新馬場駅~中目黒駅までの幅広いエリアで「桜と共にマンション」、いや、「マンションと共に桜」を紹介して行きたいと思います。

そういうわけでまずは新馬場駅付近から入るのですが、桜ちびっとしか咲いていません。これまだ4月1日なんですね…(諸事情により新馬場駅付近はこの時期に・・・うう・・・)。

タワーコート北品川
(2009年築/36階/278戸)


そのお隣には、

プレミスト北品川
(2015年築/14階/118戸)


2つのマンションと目黒川の間には東海寺があるので、隣接こそしていないのですが、南面が高さのない東海寺なので下の方の階でも目黒川方向の視界抜けが得られますし、目黒川に関して言えばちょっとした穴場的な物件と言えますね。


対岸には、サンクタス南品川があるのですが、こちらの桜もまだ寂しい感じ…。サンクタスはほぼ南向き住戸(目黒川に背を向けている)で構成されているのですが、この立地条件からするとちょっと勿体ない印象もありますね。エレベーターを複数基用意して中住戸に両面バルコニー住戸なんかを設計しているとさらに魅力的な物件となっていたでしょうね。


ちなみに、タワーコート北品川の1階部分の公開空地はこんな感じになっていてなかなか面白いです。

また、プレミスト北品川は本ブログの昔からの読者の方であればご存知かとは思うのですが、14階建物件としてはかなり珍しい開口部に優れた物件です。


子供の森公園(恐竜がたくさんいる公園です)からの写真です。開口部を重視する傾向にあるタワマン並の高さ・幅のある開口部を実現した物件なんですね(詳細は本ブログをご覧下さい)。


ちょっと特殊な構造で目黒川方向からプレミスト北品川を見るとこんな感じで南側にあまりFIXサッシが採用されていないのが残念だったりもするのですが(順梁と逆梁を併用しているんですこの物件)、エリア内有数の物件の1つであることは間違いないでしょう。

さて、ここで進行方向(西側)に目を向けると…


住友さんの西品川一丁目の再開発がド~ンと見えてきました。もうこんな高さになっているんですね。この写真に写っているのは敷地東側の24階建ですが、オフィス棟なので階高があり、延床的にもかなり存在感がありますね。ラウンドしたコーナーも格好良い!
レジデンス棟の方も設計は日建設計ですし、かなりいいものが出来そうです。


・・・という感じでお送りしておりますが、全然桜が出てこないじゃないか・・・とつっこむのはやめて下さい(笑)。

次からはいよいよ4月に入ってからの写真となります。


大崎駅東口付近からの眺めです。
写っているパークシティ大崎ザ・レジデンスは、昨年の北品川界隈でも掲載しております。

【北品川界隈(山手線内)+α】モモレジの名作マンション訪問【2016Vol.22】

ここから目黒川に沿って北上すると…


まだ7分咲きという感じですが、目黒川らしい感じの桜が見えてきました。
右からパークタワーグラングランスカイ、プラウドタワー東五反田、ル・サンク大崎シティタワー、アートヴィレッジ大崎ビュータワーです。

グランスカイと桜

ル・サンクと桜

この4棟の中心付近にある山本橋から東側はこんな感じでした。


また、プラウドタワー東五反田の目の前には五反田ふれあい水辺広場があり、この物件の大きな魅力の1つとなっているのですが、こちら側は桜の開花が遅いみたいでちょっと寂しい感じでした。


西へ進み、五反田駅付近を超え、首都高沿いまで来るとそこにはライオンズタワー目黒川があります。


残念ながら目黒川には隣接はしていないのですが、マンション名に「目黒川」が入った珍しい物件で「桜色の外壁」と「黒縁のハイサッシ」による個性豊かなデザインはその名に恥じない素敵なものです。


この付近から西を望むとこんな感じ


目黒川の右手は現在赤ちゃん桜が植えられて間もない状況のようです。


右奥がシティタワー目黒、そしてタワークレーンのところは分譲中のザ・ガーデンテラス目黒です。


シティタワー目黒の敷地の目黒川沿いには桜が植えられているので、数年後・数十年後が楽しみになります。


シティタワー目黒の角住戸は、以前武蔵小杉界隈でシティタワー武蔵小杉をご紹介した際にも言及しましたが、梁の大半を空中に出しているので外観上は多少のゴツゴツ感があります。


エティア目黒のツインタワーを写真に撮りつつ


亀の甲橋を渡ると…大分いい感じになってきました!


この付近からはドレッセ目黒インプレスタワーも見えます。23階建総戸数130戸の物件でそれほど高さもスケールもないのですが、目黒川沿いよりもかなりグラウンドレベルが高い位置にある物件で、その個性的な円筒風の形状が目立っています。

少し進むと…

パークホームズ目黒ザ・レジデンス
(2011年築/10階/237戸)


見ての通り目黒川沿いでは結構大きなマンションとなります。
直床設計などツッコミ所もあるマンションではあるのですが、このマンションにはそういったマイナス要素をカバーするだけの2つの大きな見所があると思います。

まずはこの写真。


目黒川沿いからの写真なのですが、FIX窓の向きにご注目下さい。基本的に建物に対して斜めに開口部が設計されているのです。普通に平行に開口部を造ると北東向きになるのですが、窓を傾けていることで東向きのような印象となり、室内の日照時間を延ばすと同時に目黒川の奥行のある眺めが望めるようにしているというわけです。


目黒川に真っ向から隣接している物件の場合、通常は「正面とその対岸の桜」程度しか見えないのですが、この物件の場合はこういった景色に近いものをバルコニーに出ることなく見ることができるのです。

そして、もう1つの見所。


敷地北西部からの写真なのですが、当物件の凄いところは周囲を取り囲むように公開空地が施されていることです。タワマンなどであれば何ら珍しいことではありませんが、10階建でこのようなゆとりある空間を周囲に設けているマンションというのは多くありません。

※写真を撮っている私の側が目黒川沿い

実際、この当日も周囲は桜の見物客で非常に賑わっていましたが、敷地北側のエントランス前にワンクッションのゆとりある空間が設けられていることで車も人もほぼ問題なく通行出来ていました。


もちろん敷地内にも桜が植えられていますね。これは十月桜と言われるものでその名の通り10月ごろから4月ぐらいまで断続的に花を咲かせる桜です。
敷地内の桜は目黒川沿いの桜とは違ってまだまだ小さいものが多いですが、いずれはこちらも花見客の目に留まるようになるのかもしれません。


この界隈から東方向を眺めると目黒駅前のパークタワー目黒と完成したばかりのブリリアタワーズ目黒の雄姿が…。
ここよりも軽く20m以上は標高が高いところに立っているので階数以上に余計に高く見えます。


太鼓橋から北西方向はこんな感じ。まだちょっと早かったなぁ…。

そして橋のたもとには、

パークキューブ目黒タワー(旧アパートメンツタワー目黒)
(2008年築/22階/193戸)

低層棟と高層棟の2棟建

このマンションは間取りだけでなくデザインも個性的なのですが、外観からもそれがお分かりいただけるのではないかと思います。
一般住戸も見ての通り開口部が充実しているのですが、特にペントハウスは全てメゾネットタイプで、そのガラスウォールが外観デザイン的にも大きなアクセントになっている物件です。

ちなみにこの物件の隣には宮殿があります。


1973年築の伝説のブティックホテル、目黒エンペラーです。
こんないい感じに目黒川沿いに面しているのに開口部が小さくて勿体ない気がしてしまうけど、この建物の中に入ったら桜なんてどうでもいいよね(笑)。

さて、もう少し進んでと…


目黒新橋まで来ると煙突風の中目黒アトラスタワー(白い方じゃないよ(笑))が大分存在感を高めてきます。本日の最終目的地まであと少しとなってきました。

さらに進んでふれあい橋付近、

このあたりは桜が大分いい感じ、右手目黒清掃工場側は今一つですが。


目黒清掃工場の対岸にはピアースコード中目黒があります。モリモトらしい結構個性的なデザインの建物です。

ここでちょいと山手通り沿いにそれて完成してまもないシティハウス中目黒レジデンスを見てみたのですが、

山手通り沿いと

反対側

タイルの色味が全然違うんですね。


山手通り沿いの色味に統一した方が格好良かったと思うんだけど…。

山手通り沿いの「魅せる外廊下」は流石です。

エレベーターホールの前だけガラスがあります。

さて、目黒川沿いに戻って目黒川船入場付近

天気が良いこともあり亀の楽園になっていました(笑)。
水の中にもたくさんいるけど、甲羅干ししている数も半端ないんですここ。


向かいにはピアース中目黒ローレルアイが見えます。

そして…

ようやく到着しました
中目黒アトラスタワー
(2008年築/45階/495戸)


誰もが認める中目黒のランドマークタワーではないでしょうか。
開口部があまり目立たない煙突のような外観で、分譲時(青田売り時)はそれほどいい印象がなかったのですが、周囲にはこのクラスの高さのものがなく、空に向かって真っすぐに伸びる姿はとても重厚で半端ない存在感のある物件です。


このあたりの目黒川沿いは人で溢れていました。


今回はこれでおしまいです。

えっ?マンションばかりで桜あんまり見てない?
では最後にこの1枚を。


こちらもど~ぞ。

マンコミュ検討版最新スレッド
プレミスト北品川
パークホームズ目黒ザ・レジデンス
中目黒アトラスタワー

2,150棟4,700室超を掲載。
利害関係のない第三者性を徹底し6年以上に渡り毎日物件を分析しています。
モモレジのマンションの間取りや価格を言いたい放題!


スポンサードリンク



スムログメンバーへの質問やお便り 詳しくはこちら
スポンサードリンク

最近の記事(モモレジ)

投稿カテゴリ(モモレジ)

同じカテゴリのオススメ記事