スムログ(マンションブログ)

マンションコミュニティの皆々様方、ごきげんよう。不動産業界に身を置くDJあかいと申します。 この度、スムログという多くの人の目に触れる晴れの舞台をいただきましたので、普段のブログと一味違った学びのある記事を発信していきたいと思います。

運営ブログ
DJあかいのマンション総研

すべての記事を見る

マンション選びだけ頑張っても意味がない!?



スーッ、DJあかいです。(最近書いてなかったので霊言っぽく)
ちょっと今回は学びのある話をしてみたいと思います。

最近はSUUMOだとか書籍だとかマンションコミュニティ掲示板だとか数年前と比べれば見違えるほどマンションに関わる情報が充実しています。しかしその情報を受け取るときにはちゃんと気をつけなさいよという話は「マンションコミュニティの歩き方」と「絶対役立つ!マンション評論家を見分けるポイント」でしましたが、したいのはその話ではありません。
情報があまりにも充実してしまったために、情報を探すことに時間を浪費しすぎる人やマンション選びだけを頑張りすぎてしまう人が多くみられるようになりました。今回したいのはその話です。

1.情報を探すことに時間を浪費しすぎる人

「賃貸VS買う」論争はなぜ不毛なのか?で触れたように、SUUMOの特集はだいたい四半期で1周します。ということは逆に言うと、マンション探しは3か月くらいで終わるものだとSUUMOは考えていることになります。それが妥当かどうかは議論があるでしょうが、1年なり2年なりモデルルームを100件なり200件なり見るとかなると、マンション訪問を専業とするのでなければ、時間をただ浪費するだけに終わってしまいますし、現在のような上げ相場だと100件200件見たからと言って100倍200倍いいマンションが選べるかというとそうではなくて、むしろ(相場が過熱していなかった)最初の頃に見たマンションの方が安くて広かったけどそのことに気付いた時にはとっくのとうに完売している、という事態も多いでしょう。理想のマンションを選ぶために掲示板で学び、週末はモデルルームへ足を運び、多大な時間とエネルギーを払った結果、最初の見送りマンションの方が理想に近かったという、理想のマンションを求める努力がかえって理想のマンションから遠ざけてしまう、ギリシア悲劇のようなことになっている人も散見されます。注ぐ努力には適切な量というものがあるのです。孔子先生も「過ぎたるは猶及ばざるが如し」と仰っていましたし。

マンション探しで2年間無駄にした人のイメージ(井上雄彦「SLAM DUNK」より)
マンション探しで2年間無駄にした人のイメージ(井上雄彦「SLAM DUNK」より)

2.マンション選びだけを頑張りすぎてしまう人

マンション選びを頑張って自分に合ったマンションやお買い得なマンションを探そうとするのはそれ自体はとても意義深いことであり、その努力をなんら否定するものではありません。ただ、マンション選び「だけ」を頑張ってもそれは違うんじゃないの、と思うことはあります。実需のマンション購入というのは、僕はそれまでの人生の総決算の側面を持っていると思います。これまでの仕事、年収、クレジットヒストリー、家族や親族とのコミュニケーション、などなどこれまでどういう人生を送ってきたかの成績表みたいなところがあると。親族の横やりで購入が邪魔されるのはこれまでの親族との付き合い方の表れですし、希望の物件に対してローンが組めないとか支払いが追い付かないというのをデベロッパーを責めてもしょうがなくて希望と自分たちの貯蓄や収入とのギャップを真摯に見つめて次にどうするかを考えるしかありません。マンション選びはたとえて言うなら受験前日や夏休みの8月31日のようなもので、それまでに大勢は決まっていて、ダメ押しの役割にすぎないと思っています。真田昌幸・信繁父子の奮闘は徳川秀忠を遅参させることはできましたが、徳川の世の到来は変えられなかったように。




今流行の婚活だって同じじゃないですか。婚活を真剣に2年3年やってもそれでやっと理想の人に巡り合えたなんて人はいなくて、男なら収入、女なら顔と若さが割と決定的な要素で、何回試行を重ねてもだいたい同じような結果になるんじゃないでしょうか。だから毎週婚活パーティー行くよりは男なら仕事がんばって年収上げるほうがいい相手に巡り合えるでしょうし、女は…化粧技術や整形・豊胸ですかね?(よくわからない)自分の客観的評価を高めることが、いいマンションにもいい相手にもつながるので各自頑張っていきましょう、という結論になります。結婚なんかでも本当のいい物件は自分のあずかり知らぬところで決まってるじゃないですか。マンションでも同じようにブランズ ザ・ハウス一番町とかザ・パークハウスグラン南青山とか一般にはほとんど売らないで終わっちゃうのもあるわけですよ。そのレベルにまで行けっつって行ける人はわずかでしょうが、マンションでも結婚でも求めるレベルと自分の客観的評価にギャップがあるならばそこを頑張って埋めていくしかないよね(年収100万上げるとか親資金を1000万貰うよう説得するとか)、という話でした。

3.あわせて読みたい

マンションを買える人、買えない人
(モデルルームを見すぎることで目が肥えてしまう現象を中心に書いています)
マンションコミュニティ掲示板
ブランズ ザ・ハウス 一番町[旧:(仮称)千代田区一番町計画]
ザ・パークハウス グラン南青山[旧称:(仮称)港区南青山5丁目計画]


スポンサードリンク


コメントを書く

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
コメントは承認制となっており、許可されたコメントが表示されます。



スムログメンバーへの質問やお便り 詳しくはこちら
スポンサードリンク
最近の記事(DJあかい)
同じカテゴリのオススメ記事